2007年09月09日

支えられて生きてます。

雨も降らないと困りますが、
今日みたいにスッキリ晴れてくれると
洗濯物が爽やかに乾いてくれて良いですね(゜ー゜)(。_。)ウンウン

皆さんの所は台風の影響は無かったでしょうか。



我が家は、




我が家はですね、、、





台風さん。.JPG

駐車場の香りアカシアが鉢ごと倒れましたΣ(゜□゜;)ガーン!!

一応鉢と幹を、紐で固定していたんですが、
成長した分バランスが悪くなってしまったようで、
とうとう今回倒れてしました( p_q)エ-ン





台風さん2.JPG

香りアカシアって、
枝がヒョロヒョロのくせに
上のほうに葉っぱつけるんです(+_+)
そろそろ庭に移そうかどうしようか思案中(ーΩー )ウゥーン


台風が関東にいた朝、倒れているのに気づいたんですが、
まだまだ風が強かったので、
夜オットが帰ってから元に戻そうと
倒れたままにしていた私達( -x-)(←この時点でダメな感じ





そしたらぁ、

夜、気づいた時には、
お向かいのUさんが元に戻して下さってましたΣ(゜□゜


わぁーーーー!
私達がチンタラしてるから〜〜(>_<)(>_<)

反省。。。

そうですよね、
普通倒れた鉢、1日そのままにしないですよね( ̄Д ̄;;
Uさんは株ごと紫蘇を下さったり、
とっても良い方なのです。

しつこい位お礼を言ってしまいました。


気をつけよう。
これからはもっと気をつけよう。
大人なんだから。






台風さん3.JPG

「人様に迷惑をかけるのだけはやめて下さい。」

はい先生。
ほんと反省してます。


ニックネーム ツマ at 18:48| Comment(4) | TrackBack(0) | ツマのつぶやき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

いつでも里親募集中掲載。

「いつでも里親募集中」に、
うなぎフジ猫先生(名前が決まらない)
を掲載させて頂きました↓↓↓

http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-44828.html


温かい素敵な家族が
彼女に見つかる事を心より願います。
良いご縁がありますように^^

○10月12日追記○

おかげさまでうなぎちゃんは素敵なご縁を頂く事が出来ましたので、
掲載は解除いたしました。
本当にどうもありがとうございました。



2007年09月07日

家族を探しています。

里親募集中.JPG

「あ、アップすぎてごめんなさい。」



里親様募集中2.JPG

「はじめまして、アタチ女の子です。」



里親様募集中3.JPG

「多分生まれて3ヶ月くらいかなって思います。」


里親様募集中4.JPG

「あんまり沢山の事は覚えていません。
 たしか、お腹がすいてすいてもう歩けなくなって、
 暑くて、体中が痒くて、でも何とか頑張って3回鳴いてみたの。
 そして気が付いたらこのお家にいました。」



里親募集中12.JPG

「どこだろうと思って一生懸命周りを見てみたんですが、
 何だか目がぼやけていてあんまり良くは見えません。
 多分、すごく大きな動く物が2つと(多分人間じゃないかちら)
 黒いモジャ〜〜とした動く物がこのお家の中にいるみたいです。」




里親募集中13.JPG

「耳は時々しか聞こえないの。
 でも、別にそれで困ってる事はありません。
 大きな物がよく動き回っているけれど、
 音がしないから起こされる事なくゆっくり寝ていられます。
 いいでしょ^^?」



里親募集中14.JPG

「アタチ、まだちょっと痩せているけれど、
 ご飯は好きな時に食べられるし、もう体も全然痒くないんです。
 お腹が空いたりしなくて、体中どこも痒くないなんてはじめてかも!
 それってとってもいい事なのヨ。」





里親様募集中5.JPG

「このお家に来た頃は歩けなかったんですが、
 今は走る事だってアタチできます!」




里親様募集中6.JPG

「ササッ。」




里親様募集中7.JPG

「スタタッ!」




里親様募集中8.JPG

「エイエイエイ!」




里親様募集中9.JPG

「ダダーーーッッ」




里親様募集中10.JPG

「トリャーー!」




里親募集中11.JPG

「ね?アタチすごいのヨ。
 歩く時はいつも尻尾をピンと伸ばして歩きます。」




里親募集中15.JPG

「目はだいぶ見えるようになってきたんですが、
 早い動きにはついていけません。
 途中で景色と見分けがつかなくなってしまうのネ。」




里親募集中16.JPG

「特に上のほうを見るのがあんまり得意じゃないです。
 だからどこかに登ったりとかもできないんです。」



里親募集中17.JPG

「黒いモジャモジャさんと遊んでると、
 時々いきなりいなくなってしまうんです。
 どうやらソファって所に飛んでいってしまうみたんなんですが、
 この間まぐれで1回よじ登れたきりで
 いつもはどこにあるか分かりません。
 アタチもソファに飛んだりできるようになりたいです。」



里親募集中18.JPG

「え?お顔ですか?
 ・・・大きい人達が話してるみたいなんですけど、
 まぁ一般的に見てすごくカワイイ!っていうお顔ではないみたいです。」




里親募集。.JPG


「まぁ、目もあんまり大きくないし、、、
 時々寄り目っぽくなっちゃう時もある気がするノ。。。」



里親募集中22.JPG

「でもアタチ、
 よく褒められるんです。」




里親募集中20.JPG

「あんまりよく見えないし、音は時々しか聞こえないけど
 アタチ分かるの。
 お顔がとってもカワイイ訳ではないけれど、
 アタチが頑張ってゴハン食べたり、歩いたりしているだけで
 素敵な事なんですって。
 不自由な事に負けずに、アタチがいるだけで愛しいんですって。」




里親募集中21.JPG

「あと、アタチのお口とアゴが皆好きみたいです。
 プクっとしてるのがツボなんですって。
 寝てるとこっそり写真撮られてるみたいなの。
 ヤ〜〜ネ〜〜。」



里親募集中23.JPG

「どうも、ワタクシ黒モジャこと、犬のぶっちゃんです。
 この子猫さんの、温かい家族を探しています。
 穏やかで、純粋な心を持った良い猫さんです。
 何卒皆様、宜しくお願い致します。」



里親募集中19.JPG

「アタチ、もっと元気になれるように
 優しいアタチの家族が見つかるように
 寝ながら待ってます。」


2007年09月05日

ニャオン。

今回保護した猫さん、
実はちょっと、我が家で飼おうかな、、と思っていた私達。

でも里子に出すことに決めました。

それはこのお方、
実家の猫、ニャオンさん。


ニャオン先生。.jpg

この老猫ニャオンの事があったからです。


ニャオンは元々、我が家の玄関かどこかで
(実際その場に居合わせてないので記憶が曖昧。。違う?ねぇお姉たま違った?)
行き倒れてるのを発見した姉がこりゃイカン、と助けて我が家に居つくようになった猫でした。

その時には既に成猫で、
それから考えると少なく見積もっても今14、5歳位?

姉が何歳の時に助けたのか思い出せない。。。( ̄Д ̄;;

でもまぁなかなかのお婆さん猫です。
その頃の我が家は動物に対して無知な事が多々あり、
ニャオンも不妊手術はしたものの完全な外猫で、
今思えばアレって飼っていたとは言えないなと。
家の周りにいつもいるノラ猫にゴハンあげてた感じ。。。



ニャオン2.JPG

「アタチ、まだ名前つけてもらってないのヨ〜。
 やんなっちゃうワ。」



ノラで育って、実家に居つくようになったものの
変わらず自由に外で生活していたニャオンさん。

そのうち私も成長し、犬猫について色々勉強するようになって、
猫は完全室内飼いで飼うべきだという事が分かるようになっていたのですが、
今まで自由に生きてきたニャオンにとって、
元気なうちに室内飼いにしてしまうと、それはむしろストレスだろうと思いました。
なのでいよいよ玄関の階段をジャンプできなくなったり、
老いてきたと感じられるようになったら、
私の所に引き取って、ニャオンに安心してゆっくり余生を過ごしてもらおうと考えていました。



ニャオン3.JPG

「あんまり聞こえないんだけど、皆アタチに色々話しかけてくるノ。」




私が結婚して家を出る事になった時から、両親と会うたびに言っていた私の口癖は、
「ニャオンが外猫生活に不自由が出るくらい歳をとってきたら、
私(ツマ)が引き取るから。」
でした。


そんな折、ニャオンが右足を悪くしてしまいました。
その時点でもう外飼いは無理なので、我が家にとも思いましたが、
母は自分が看ると言い、完全室内飼いにしました。

けれど、足の不自由なニャオンを留守中フリーにしておくのは不安だそうで、
留守中はサークルにいれておくのですが、
母は外出していることが多い人で、
父も普段は仕事だし、結果的にニャオンはサークル内にいる時間が多くなっていました。

ニャオン4.JPG

「この黒モジャおじさんは優しいのヨ。」


子供達が独立して、やっと自分に時間を使えるようになった母に、
ニャオンのために家にいてとは言えないし、思ってもいないので、
これはもう、母のためにも、何よりニャオンのためにも
我が家に引き取る時がきたな、と思いました。

が、先代保護猫ニーナちゃん(仮名ワカメちゃん)を保護したり、
その後オットがジワジワ体調を崩し、過労でダウンした事もあって、延ばし延ばしになり、
では8月末に正式に我が家へ、、、と思っていた矢先に今回の猫さん登場でした。



母は元々、猫を室内で飼うのを好んでいませんし、
んもうぶっちゃけ( ̄Д ̄;;あんまり猫が好きではありません。

ニャオンの足が悪くなった原因の一端が父と母にあるという罪悪感から、
ニャオンを看ていかなくてはいけない、という責任を感じていたのだと思いますが、
それでは母にもニャオンにも良い状態ではありません。
そういう面からも、ニャオンを我が家に引き取るのは絶対の、
確定事項でした。




ニャオン5.JPG

「ここはアタチのお気に入りの場所なのネ。」


ニャオンは警戒心が強く、
ぶっちゃん以外の犬猫を嫌います。
ニーナ(ワカメ)ちゃんと何日か同居した時も、
激しく威嚇を続け、ゴハンを食べなくなりました。

今回の猫さんの目と耳の状況が良くない事が分かった時、
私はニャオンとこの猫さんの同居について悩みました。
猫さんは当初、目も残像が追える程度の視力で、
耳は全く聞こえない可能性が高かったので、
そのままの状態なら我が家のコにしようと思っていました。
でも、、、
ニャオンが他の猫と一緒に暮らすのは難しいし、
可哀想だと思いました。
私はぶっちゃんと同じ位ニャオンを愛しているので、
彼女には穏やかで幸せな老後を生きてもらいたいのです。

が、猫さん栄養状態が回復していくにつれ、
視力も良くなってきたようです。
まだまだ完全ではなく、視野が狭いようでおもちゃを左右に振るとついていけないし、
私たちやおもちゃが少し離れると見失ってしまいますが、
日常生活には全く問題ありません。
耳も大きな音ならキャッチできるようです。
耳の聞こえが良くない分、振動に敏感で、これもまた日常生活において問題はありません。

それなら、里親様を見つけられるのではないかと思いました。



ニャオン6.JPG

「誰かが近づいてきたらちゃんと分かるのヨ。
 前より良く見えるしネ。」



そして、私自身も、
3匹の犬猫を飼うのは向いていないと感じています。

愛情がどの子かに偏っているのではないかと不安になり、
気を使いすぎたり無理をしてしまうタイプな気が( ̄Д ̄;;

私とオットのこれからの人生設計を考えたうえでも、
私達が充分に世話出来るのは2匹までだと思います。
そしてそれも、ぶっちゃんとニャオンという、
お互いの存在を認め合っている2匹で、
どちらかの世話をしていても、
ヤキモチを焼かない状況である事が分かっているからこそできるというか、、、

ニャオン8.JPG

「キャパが小さすぎる人ですねあなたって。」
↑今日実家に遊びに行った時のブッダさん。ドライブ楽しんでます。もうシートベルトも嫌がりません。

仰るとおりで_/乙(、ン、)_ 

でも、無理をすると、
いつかそれを負担に思う時がくるかもしれない。
そうなってしまっては犬猫が可哀想だと思うのです。




ニャオン7.JPG

というような様々な状況から、
里子に出す事に決めました。
おっとりしていて本当にカワイイ子なので、
苦しい決断でしたが(>_<)



死ぬか生きるかだったこの子が、
自分の力で生き抜いたこと。
それはきっと、
この子の猫生がこれからも続き、
幸せに生きていくべき、という太鼓判を貰ったという事だと思います。

コムギちゃん、ニーナちゃん、マルクス兄弟のように(過去に保護してきた猫の名前)
良い里親様が見つかる事を、本当に心から願っています。



近々、里親募集サイトに載せようと思っています。



ニャオン9.JPG

「このアタチが可愛くてお気に入りなんですって。
 アタチはいつでもカワイイのヨ。」















2007年08月30日

決断。

ま、毎日があっという間に過ぎていく。。。( ̄Д ̄;;



手抜きですか.JPG

「更新してない言い訳ですか」


(,,^Д^)ハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ / \  


だってね、今週急にオットくんが夏休みだったからね、
今週だって分かってたら大阪に宿を取って
世界陸上見に行きたかったわーーーて。
そしたらあっという間にね、
オットくん、今日で夏休み終了(-o- )
お休みってあっという間。


猫先生、元気にしています。←まだ名前が決まってない。
元気になってきた頃の動画です↓↓(40秒位)

題名:「サークルから出てくると見せかけて出ないもんネ」







色々じっくりと考えた結果、
猫さん、里親さんを探すことにしました。

実は、本当なら今月末からツマ実家の老猫を引き取ることを
前々から決めていた我が家。
(経緯や事情など詳しくは次回書きます)
ただ、この老猫も元ノラ猫で気が強く、
ぶっちゃん以外の犬猫を全く寄せ付けません。
この老猫と一緒に飼うと、
お互いにかなりのストレスになるのは確実です。


本当に良く考えた結果(詳しくは次回・・)
視力は弱いですが見えているし(耳はもしかしたら大きな音はキャッチできるかも知れないですがまだ分かりません)
日常生活には全く問題ありません。
のんびりしていて性格もかなりカワイイです。
おトイレも上手にできます。
これなら里子に出せるかも、、と。

マルクス兄弟やニーナちゃん(仮名:ワカメ)のように(←過去に保護してきた猫たち)
良い里親さんと巡り合うことが出来れば、
我が家で暮らすより多くの愛情を受けられると思うのです。
そのほうが、この子にとってより幸せな猫生になると思うのです。

色々とありますが、
一応そういう方針で決まりました^^
責任を持って頑張りたいと思います。





動画シリーズその2 (15秒ほど)↓↓
おととい位の動画です。

題名:「遊び方を教えてください。」




一緒に遊びたいんだけど
どうすればいいか分からないぶっちゃん。
ケージごと揺らされても動じない大物猫たん。


その後、ちょっと進化した動画(40秒位)↓↓

題名:「かかってこいやあ!!」




飛び出してくる猫先生の面白さに注目です。
飛び出してきたと思ったら一瞬で消える、の繰り返しで
ぶっちゃん、じれてます^^







2007年08月24日

元気になりました。

子猫さん、日に日に元気になり、
ヨレヨレながら、立って歩く事もできるようになりました^^

ご心配くださった皆様、どうもありがとうございました。
おかげさまで子猫さん、おもちゃで遊べるほど元気になりました。

2週間ちょっとで、こんなに元気になるなんて。
感謝です。

こんなに元気に↓↓


うな4.JPG

ん?





うな5.JPG

キ、キョエーーーーΣ(゜口゜;





うな6.JPG

イヤーーーーーー
(↑散らばってるのはカリカリです)






うな7.JPG

{{{{(+ω+)}}}}ブルブルブルブル






うな8.JPG

お前か、お前がやったのか。




朝起きたら大変な散らかしようで(> ̄  ̄<)

私は猫砂が散らばるのがとても好みではありません(おかしい日本語
猫がいるから仕方ないよね、、とも思いません。
しかもゴハンにスリスリでもしたのか、
猫さんの全身から生臭いようなおトイレ臭いようなかほりが
プワワワ〜〜ンとヽ(゜ロ゜; )


そう、、、

元気になったのね、



それでは、




うな9.JPG

やったわー洗ってやったわー(^ω^*))((*^ω^) キャッホー

拾った時は生きるか死ぬかで
洗うどころではありませんでした。

でもノミ糞もひどかったし、
実は洗いたくてウズウズしていた私(^ω^)
スッキリしました(n‘∀‘)η゚・*:.。





うな10.JPG

「ドキドキドキ・・・」

ご本人様は何が起きたのか分からず、
ただただビックリしたご様子。
必死で毛づくろいしてました。




うな11.JPG

「何だか野蛮な人がいるみたいだワ・・・
 アタチ心配・・・・。」



皆様に応援していただいたおかげもあり、
こんなに元気になった子猫さんですが(名前決まらず

5日ほど前まではこんなでした↓









うな1.JPG

あ、間違えた( ゚д゚)

これは哀愁ただようおじさん犬の後姿だった。





こっちこっち↓




うな2.JPG

目、、、こわ、、、、





うな3.JPG

ぅおおおぉおお〜〜。

この時はまだ立ち上がれませんでした。

最初頂いた眼軟膏が合わなかったのか、
拾った時より眼が開かなくなり、
まぶたの内側が密着して眼球自体が見えなくなっていました。

1番ひどかった2,3日は、
まぶたの内側がブヨブヨの水ぶくれのようになり、
なんていうか、、目を開くとブヨブヨした脂肪みたいな物が
目を覆っている状態で、ちょっと鳥肌が立つような見た目でした。

↑この写真はそのブヨブヨがひいて、
まぶたの内側が眼球にまだ張り付いていた時。

瞬膜?も目の半分まで出っ放しです。

先生曰く、子猫がよくかかる猫風邪の症状だそう。
目薬を変えてもらい、

今はここまで良くなりました↓





うな12.JPG

まぶたの腫れはひきましたが、
瞬膜?は出っ放し。。。
これもそのうち治るとの事なので、本当にそうなればいいのですが。

目は見えてはいるものの、
かなりの弱視のようです。
30センチ位離れると景色と動く物の見分けが付かなくなるようで
必死で探します。(でも見つけられない)
黒い物はコントラストがハッキリしているのか見えやすいようで、
我が家の黒いもの=ぶっちゃんは良く追いかけられています(^^;;

そして耳も、完全に聞こえないか、大きな音だけかすかにキャッチできているか、という状態。
どうりで掃除機かけても全く怖がらないと思いました(^^;)

これらが飢餓と栄養不足による
一時的なものなのかはまだ分かりません。
(栄養状態が悪いと一時的に視力が下がったり、目が見えなくなったりする)


(´・ω・`)


私、単純に年1回以上のペースで子猫を拾っています(ーー;)
ご近所の方が誰一人として子猫を拾っていないところを見ると、
私の高確率子猫拾いは、もうそういう風にできているんだな、と思うことにしました。
お散歩の時も、子猫がいそうな草地とかついつい凝視して探してしまうし(周りから見たらアヤシイ人)
意識してないんですが動物の鳴き声にも敏感に反応してしまいます。
これはもう、自分で引き寄せているとしか言えないような(ーー;)
自業自得(イイ意味で≧(´▽`)≦アハハ


普段何も出来ていない分、
私の手の届くところの命は何とか手助けしたい、
その後幸せな一生を過ごしてもらいたい、
というのが私の常日頃の思い(ーΩー )

この子の目と耳が今後どうなるかまだちょっと分かりませんが、
もう少し様子を見て、
これからの事を決めようと思います(里子に出すのかどうか等々)




うな13.JPG

「ワタクシの事を高速で追い回すのをやめるように言って下さい。」

( ´∀`)σ)∀`)

なぜか、ぶっちゃんの後追いをする時だけ
驚くほど高速で追いかけてます。
(転ぶ前に次の足、みたいな。
 この原理でいけば水の上も歩けるはず、みたいな。)





2007年08月19日

フジクンVSうなぎちゃん。

猫さん、元気にゴハン食べてます。

でも、ゴハンを食べている時以外は延々寝ています(・ω・)
ゴハンを食べ終わったら一瞬で寝てます。
目薬を点すために抱っこしている最中も寝ています。





こ、






昏睡?(゚Д゚≡゚Д゚)

↑いや多分違うと思いますが^^
きっと本能で、
眠ることで体の回復をしようと頑張っているのだと思います(*・ω・)(*-ω-)ウンウン



ダサ1.JPG

↑暑いと猫砂の上で寝るのが心地よいみたいです。
 やめて。。。((´д`))




名前、いい加減つけないと何なので、

フジクン」か「うなぎちゃん」にしようかと( Д )゚ ゚

フジクン( Д )゚ ゚ か、

うなぎちゃん( Д )゚ ゚ 。


いや、正確には「フジクンちゃん」か「うなぎちゃん」なんですが。



「フジクン」は、初日からオットが勝手に呼んでいた名前で、
“テニスの王子様”っていう漫画があるんですけど、
もうそれって有り得ないよね?っていう位
神業のプレーを中学生が繰り出しまくるギャグみたいな
スポーツアニメなんですが(スラムダンク世代なもんで、スポーツ漫画が好き)
それに出てくる不二 周助くんという人から( Д )゚ ゚

その不二くん、普段は目を開いてなくて、
いつもニコニコしている、という設定。
でもテニス仲間がひどい事されたり(いや、こてんぱんにテニスで負けるとかなんで、
不二くん仲間の自業自得ですけど)
ここぞという時はカッ!と目が開く、みたいな。

で、不二くん平常時のその開かないニコニコ目を見て、



ダサ4.JPG

↑オット、インスパイアされた模様。(悪気はない)


でも多分猫さん、女の子なので不二くんじゃどうなの、なので
フジクン、とひとつの単語にして「フジクンちゃん」



「うなぎちゃん」はもうね、意味はありません(逆ギレ)
ただただサウンドがかわいいから( Д )゚ ゚
「うなぎちゃん」っていう音がカワイイと思って≧(´▽`)≦アハハハ


どっちにしようかな〜〜(´−`)



ダサ3.JPG

「・・・・・・・・・・・・(すごくダサイと思うけど、
 なんせ自分の名前が既にイタイので何もいえない)」


明日、2回目の病院に行ってきます^^


2007年08月17日

仰ぎ 願い。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

お盆休み、

遊びに行ったり?
泊まりに行ったり?




 _/乙(、ン、)_





我が家は、

お盆休み、


いまだ、


決まっておりません(脱力


先日やっとやっと都合がついて、
オット父(お義父さんですね)のお墓参りに行くことができました。
良かったです、ホッとしたよ。。。



で、毎日家にいるわりにブログの更新もせず
何をしていたかと言うと、




いやだ奥さん、




必死で戦っておりましたの。




この子と↓↓↓






ノラコ1.JPG





切ないって言葉で
合ってるだろうか。

見てるだけで切ないこの子。




10日ほど前、
たまたまオットがお休みで
ぶっちゃんと3人でお家でまったりしていたら、

外から3回、

ニャーニャーニャー

って聞こえました。
子猫の声で。

すぐに庭に出て見たんですが見つかりませんでした。
でも、聞こえたよな〜と思ってしつこく探したら
いました。
家の前の公園に。






ノラコ2.JPG

壁際にへばりついて、
時々頭を持ち上げようとするんですが、
フラフラユラユラするだけで動きませんでした。

我が家の庭のすぐ前が公園なんですが、
細い用水路が間にあって、
グルっと大回りしないとたどり着けません。

と、カラスが来た!とオットの一声。

そこで猛ダッシュです。
まさに髪振り乱して。
鬼気迫る勢いで走り抜ける私達を見て(いえ私足遅いんで、走る抜ける、はイメージですけど( ̄Д ̄;;
ご近所様は何事かと思ったのではないかと思います(泣

昼間の暑い時間帯でしたがぶっちゃんは留守番ができないので、
オットが抱っこして猛ダッシュ。
帰りはへばってましたが(σ‘д‘)σ 





ノラコ3.JPG

無事、ゲット。

でも体を起こす力もないようで動きません。



ノラコ4.JPG

とりあえず子猫用ミルクをスポイトで流し込みました。





ノラコ5.JPG

「ちっとも動きませんね。。。」





ノラコ6.JPG

いつもは子猫を保護したら
すぐにブログにアップしていたのですが、
この子の場合は躊躇してしまいました。

もう、息も絶え絶えで、
命が長くないように見えました。
そんな状況をわざわざアップして、
無駄に周りを悲しませるような行いはするべきではないと思いました。

毛並みも汚く、本当に痩せています。
痩せているので小さく見えますが、そんなに子猫ではない感じ。
生後3、4ヶ月に見えます。

持つだけで黒い粒がパラパラと落ちるくらい、
体中ノミだらけでした。

最近捨てられた子ではなく、
ノラとして生きてきたようで、
体を動かせないくらい衰弱しているのに、
ミルクを上げようとする度、シャーッと威嚇します。

まだまだ子供なのに、意識が半分ないような状態でも
自分に触れようとするもの全てに威嚇しなきゃならないなんて。

この子の生きてきた世界がどんなに過酷であったかを見せられたようでした。

でも、アスファルトの上で死ぬより、
柔らかいタオルの上で死ぬほうがまだいいと思い、
死に場所を提供するつもりでいました。
カラスの来ない、暑くないお家の中で。


病院に行くと、
とにかく衰弱しすぎていて何の検査もできませんでした。
もうしばらく何も食べていなかったようで、
便を取る事もできませんでした。

とにかく元気にするために、
抗生物質やビタミン剤など3本注射を打ってもらいました。

と、ここでビックリしたんですが(オットは思わず笑ってました
その中の1本の注射が↓


ノラコ7.JPG

↑この体のサイズに対して、



ノラコ8.JPG

↑コレくらいでした。
いえ、本当に(((((゜д゜;)))))  


て、


点滴じゃなくていいんだ、、、



一気に注射器で流し込んでいいんだ、
と思いましたねあたしゃ。



それから毎日、
世界の中心は猫さん。

フロントラインで完全にノミが落ちるまで3日ほど玄関で過ごし、
その後リビングに移しました。




ノラコ8.JPG

気になって仕方ないブッダさん。




ノラコ10.JPG

動かれると逃げ回るくせに、
この子はピクリとも動かないので強気になってます、
フンフン何か話しかけてます。




ノラコ11.JPG

「・・・・新しいおもちゃじゃないですか?」

違います。
元気になれば自分で動けるようになるはずです。




ノラコ12.JPG

沢山は飲めないので、
猫ミルクを濃い目に溶いて
気が付くたびにスポイトで流し込みます。



そして3日ほど前から↓↓



ノラコ13.JPG


や、やったわーーーー!
食べとる食べとる。+゚(PД`q)゚+。キャホー!


か、体も起こしてるよ〜〜。
すごいよ〜〜。





ノラコ14.JPG


頑張れ猫。

元気になろう。




ノラコ15.JPG

それから本当に少しずつですが、
元気になってきている気がします。

オシッコも動けないのでその場でしていましたが、
ココ何日かは何度も何度も倒れながら
それでもおトイレに行ってしています。




ノラコ16.JPG

鼻ずまりがひどく、
呼吸が苦しそうで見ているこちらも苦しいです。




ノラコ17.JPG

目は見えるのか否かまだ分かりません。
涙も止まらず、拭いても拭いても出てきて目ヤニで眼もほとんど開きません。
眼ブチが腫れてただれていて可哀想です。

鼻ずまりも眼にも薬を貰って飲ませているのですが
良くなっている気配なしです(´・ω・`)
週明けに2回目の病院を予定しています。



ノラコ19.JPG

何だか今回はどうしても良い名前が浮かばず、
いまだ名無しちゃんです。

パッチリ目を開けて、
元気に歩き回れる日が早く来るように願っています。

この子と出逢うのが運命だったのなら、
私は助けたいのです。
辛かったであろうノラ猫時代だけで、
この子の命が終わらなくて良かったと思っています。

普通に、子猫のように、
当たり前に飛び回って遊べるようになって欲しいです。


頑張れ、猫(`ω´)







2007年08月12日

ボンバヘッッ!

ブッダさん、


洗って、


ドライヤーして、



今、



乾いたとこ↓









ボンバ1.JPG

ワオ!!






ボンバ2.JPG

ボンバヘー(ボンバーヘッド)(真ん中がへこんでるけど


前が見えなーーーい。


これから頭毛、結びますvUo・ェ・oU ィェーィ♪

ニックネーム ツマ at 18:16| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶっちゃんの日常。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

ぶっちゃん日記。

花火6.JPG

「こんにちは、ぶっちゃんです。
 毎日暑い日が続きますが、皆様お変わりないでしょうか。

 今日はあまりにも暑かったため、
 お散歩は夕方5時半からでした。
 それでもまだまだ明るい、夏の夕暮れです。」





花火1.JPG

「土曜日に花火を見に行ってきました。
 ワタクシはイイ子なので、お膝の上で大人しく
 道行く人々を観察しておりました。」




花火2.JPG

「たーまやー。」




花火3.JPG

「クンクンクンクンクンク・・」




花火4.JPG

「るんるんる〜〜ん♪」



花火5.JPG

 「もうすぐ日が沈むのですね。」





花火7.JPG

「また明日も、
 楽しくお散歩できますように。
 ワタクシ、心からそう願うのです。」




ニックネーム ツマ at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶっちゃんの日常。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする