2007年02月12日

ニーナちゃん近況。

久々の登場ニーナちゃんです。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。
(↑ご存知ない方はカテゴリ「ノラ猫ワカメちゃん(改めニーナちゃん)」をご覧下さい。)

先日Iさんよりメールを頂き、
ニーナちゃん、無事不妊手術を終えたそうです^^


にーなさん1.jpg

↑Iさんに添付して頂いた写真です。
病院に行く時のニーナちゃん。
身悶え級の可愛さです( ´∀`)σ)∀`)



にーなさん2.jpg

↑さすが猫( ゜Д゜) スゴー
そしてTV画面の画像に激しく目がいきます。

病院怖くてブルブルしていたそうですが、お家に帰ってからは
「ヒャホホーイとはしゃいで」(←頂いたメール原文まま(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん)いるそうで、経過も良く元気いっぱいだそうです(*´∀`*)




にーなさん3.jpg

幸せそうで何よりです('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン
もし、どこかご旅行に行かれる時なんかは
喜びまくりで我が家でお預かりしますのでご遠慮なく〜o(゜ー゜*o)(o*゜ー゜)oワクワク

そしたら多分、ぶっちゃんがシャーシャー言われちゃうんだろうなぁ≧(´▽`)≦アハハハ



2006年11月08日

ニーナちゃん本決まりO(≧▽≦)O

ニーナちゃん、無事1週間のトライアルを終え、
正式にI様宅の子になれました〜〜(・∀・)人(・∀・)ワーイワーイ

↓I様が送って下さった、最新ニーナちゃん生画像。


決まり!!.JPG

「くじけずに生きてきたかいがありました。」

ぴかぴか(新しい)↓以下I様に頂いたメールより↓ぴかぴか(新しい)


「とっても甘えん坊で、寝るときには前のニーナみたいに飛んできて、
私と一緒のお布団でぐーぐー寝てしまいます。
夫が仕事から帰ってくると、
「遊んで、遊んで」と一際大騒ぎw
無邪気でやんちゃで甘えん坊のとても可愛い家族です。」


黒ハートぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)黒ハート


ブログもお持ちのI様。猫ブログではないのですが、時々ニーナちゃんの事も載るんでは、、と思います(*´ェ`*)ポッ
ブログをお持ちだと、その方が元気でらっしゃるかどうか確認する事ができるので安心です。
その方が元気だったら、きっとそのお家の家族皆も元気だろう法則です(・ω・)bグッ

 「あばうと*にーな」





眠る.JPG

幸せまんまる寝をするニーナちゃん.。゚+.(・∀・)゚+.゚

幸せだねニーナちゃん。
良かったねニーナちゃん。
沢山沢山甘えちゃえよ(σ゚∀゚)σゲッツ!! 



後姿.JPG

ツマのお気に入りの1枚↑。
チンマリ座った背中が可愛くて愛おしくて泣けるようで笑えますゞ(>ε<; )ぶっ

2006年11月01日

ワカメ改めニーナちゃん。

いや〜、またしてもすんごい長いです≧(´▽`)≦アハハハ



つい最近までお腹を空かせたノラ子猫だったワカメちゃん。

どうやら強運の持ち主だったようでとってもステキなご夫婦の方にラブコールを頂く事が出来、月曜日にお会いしてお届けしてまいりましたO(≧▽≦)O ワーイ♪



保護した直後から、友達やら家族やらのツテを総動員して里親探しをしてみたのですが飽和状態(´・ω・`)
それに猫好きの方は捨て猫ノラ猫を見捨てておけず、既に何匹も飼われてたりします(ーдー)

なので申し訳なく思いつつも、このブログにも貼ってある「里親募集中」様に掲載させて頂きました。



ヤ中1.JPG

「出してくださぁあぁ〜〜い」

お届け途中の車内にて↑


そうしたらですね、何とありがたい事に最終的に7件もお問い合わせを頂いたのですヽ( ´¬`)ノ
結局24時間も経たずに掲載を終了させて頂く事が出来ました。

皆様とても真剣で、温かいメールを下さいました。


その中で、1番最初にお問い合わせを下さったI様のメールがとても心に響きました。



ヤ中2.JPG

「出せったら出せ〜〜〜」


I様はつい先日、長年連れ添った愛猫を病気で亡くされたばかりとの事。
そんな間の空かない状態で新しい子を探すなんて、、、と思いつつもワカメちゃんを見てビビビッと感じて下さったそうです(泣)
そしてできれば我が子に、とおっしゃって下さいました。

ワカメちゃんは私が保護してきた中では、最強の甘えん坊です。
その甘えっぷりを喜んでくれる、心から猫を欲している人の所にご縁を頂けたらと思っていました。
I様は、まさに私が望んでいた里親様そのものでした。

何度ものメールのやり取りで愛情深いお人柄がビシバシ伝わってきて、是非I様に、と思いました(*´ェ`*)


ヤ中3.JPG

「しかも写真がブレすぎ〜〜!!」




と、いう事で月曜日にお会いしてきました≧(´▽`)≦
約束の時間は1時(・ω・)b

時間に余裕を持って家を出発し、ワカメちゃん回収&ぶっちゃんを預かってもらう為に実家に寄った際、近くのホームセンターでお土産にワカメちゃんおやつ&おもちゃを買ったんですが、そこで恐るべき事態(イヤくだらないんですけど)が発生。


さ、財布(=運転免許)忘れましたぁ〜(((((((((;゚д゚))))))))


その日の車は夫の車で、もちろん私は運転できない為、プルプルしながら一度家に戻る事に((´д`))
速攻でI様に遅れる旨をお伝えし、すみませんメールをしたところ「運転お気をつけて〜」と優しいお返事(_TдT)
結局約束の時間は1時間オーバー(←最低)
初対面で遅刻ってリアルにありえない(〃_ _)σ
I様、本当に申し訳ありませんでした。



ゴデバ〜.JPG

↑しかもマダムなチョコまで頂いてしまって、ひたすら恐縮しまくる私達でした。(私達はワカメちゃんのおやつとか以外は手ぶらで行った←重ねて最低)



I様ご夫婦は一言で言って「個性派!クリエイティブー(≧∇≦)キャー♪」という感じでした。
奥様はナイスな赤髪(ピンク?)で、物書き的な事をされている事もあってか(ご本人は遊びです〜とおっしゃってましたが(>_<)お話も面白く、そこに物静かで優しい旦那様が一言ツッコミを入れたり、という感じでした(~o~)

私はワカメちゃんが写真の印象と実際の印象が違う気がしていたので、気に入って頂けるかドキドキだったのですが、いらぬ心配だったようです('-')
ワカメちゃんもすぐにI様宅で元気に遊びだしてました。

そしてワカメちゃん、新しいお名前は「ニーナ」ちゃんになりました*・゜゚・*:.。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*・゜゚・*
実はI様の亡くされた猫ちゃんの名前がニーナちゃん。
ワカメちゃんは「新しいニーナ」ちゃんとして、ステキ人生を歩む事になります。

でももちろんそれはI様が先代の「ニーナ」ちゃんと「新しいニーナ」ちゃんを混同しているという事ではありません。

私も先代犬を亡くした時色々と後悔の念にかられ、救いを求め、次に飼ったぶっちゃんに「仏陀」と付けましたので、I様の気持ちに共感する事が出来ます。
彼らは全く別々の個体で私達もそれを承知していますが、どこかで繋がっている気がするのです。
そしてそれが癒しになりました。

そういう訳でワカメちゃんは、ニーナちゃんというとても素敵な名前をつけて貰えました(o^-^o)



感モグッズ.JPG

↑これはI様が、私が細々と愛護団体やボランティアを個人でされている方に物資を送っているのを知って、「宜しければそれと一緒に・・」と下さいました<(_ _)>
ニーナちゃんが最後使っていたオムツまで(ノ◇≦。)
I様、本当にありがとうございます。
早速近いうちに送らせて頂きます(´∀`)


が、I様宅にお伺いした時の写真をガッツリ撮り忘れていました工エエェェ(´д`)ェェエエ工 
人見知りで小心者の私である為、緊張してすっかり舞い上がってしまいその場その場の状況処理に精一杯でした。。。(〃_ _)σ

これじゃブログに載せるニーナちゃん写真無いし、、、と思っていたら、I様が写真送ってくださいましたぁ〜O(≧▽≦)O ワーイ♪




以下、I様写真↓



画像 342[1].JPG

早速旦那様のお膝ゲット!!



画像 319[1].JPG

超カワイイ(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん




06-10-30_19-03.jpg

↑コレなんて可愛すぎて思わず爆笑しちゃいました(←カワイイものを見るとナゼか爆笑してしまうツマっこ)



06-10-30_18-53.jpg

そしてさすが!なアングルのこれまたラブリー写真。
こんな構図で撮ろうなんて思いつきません゚+.(・∀・)+.゚。イイ!


一応一週間トライアル、という形ではありますが、多分・きっと・絶対このまま家族として迎え入れて頂けるんじゃないかな〜と思っている私ですヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

このご縁に心より感謝致します。
ニーナちゃん、本当に良かったね。
おめでとうClapClapClap






2006年10月30日

ワカメちゃんの幸運。

さてワカメちゃん(仮。

実家で預かって貰ってますが、本日は病院&シャンプーの為我が家に来てます。

実はワカメちゃん、とても良いご縁を頂けたのです。
そして何と明日からトライアルに入ります。

本当はこの記事で詳細を書きたかったのですが、ちょっぴり私の体調が良くないので後日に。。。





↓明日に備えてシャンプーをしたワカメちゃん(仮。

ペロ1.JPG

「ぺろーぺろー」





ぺろ2.JPG

「ぺろーぺろー」





ぺろ3.JPG

「ぺろーぺろー」





ペロ4.JPG

「ぺろーぺろー」






乾いたか??.JPG

「・・乾いたか。。。?」





いいやまだまだ。.JPG

「いいやまだまだ。」





madamda..JPG

「まだまだ」






舐めすぎです。.JPG

「乾いてますって。
 舐めすぎですって。」

↑ツマ父の上でくつろぐぶっちゃん。





舐めすぎじゃ。.JPG

「いいやまだまだ。」

ワカメちゃん(仮)の事はスキになれないけれども、ぺろぺろしたい気持ちはわかるニャオンさん。↑






2006年10月20日

里親募集中のワカメちゃん。

111.JPG

「こんにちは、ワカメといいます。女の子です。
先日ノラ猫生活から足を洗う事となりました。」




444.JPG

「今まではいつもお腹が空いていました。なので子猫にしては痩せている方だと思います。
でも今はいつでもゴハンを食べられるようになりました。
おいしくて嬉しくてウニャウニャ言いながら食べてしまいます。」





222.JPG

「え?何ですか?」






555.JPG

「‘カワイイ’?」






666.JPG

「‘我が家の家族にしたいな〜’?」







777.JPG


「是非!!」








888.JPG

「自分では普通だと思うんですけど(←謙遜中。)」





999.JPG

「皆さんに性格がいい子ねって言われます。」






1000.JPG

「ん。。。?」





1100.JPG

「あなたは。。。」





1200.JPG

「黒モジャビビリさんじゃないですか。」



↑実家にて何日かぶりに対面するお二人。

実家にて預かってもらっているノラ子猫さん。
預かり中の仮名前はワカメちゃんになりました(母命名。)

久しぶりの子猫との生活に当初疲れを見せていた母ですが、覚えも良くなつっこいおりこうワカメちゃんが可愛くて仕方ないようです(父はメロメロ)
もともと子猫(の世話)好きではない母。
今回の件はおねえたまの、陰ながらのサポートのおかげでうまい事いきました。
ありがとうおねえたま。
感謝してるダス( ´∀`)σ)∀`)


そういえば忘れてましたが保護した日のオット、静かに怒っていました((´д`))
言葉にはしませんでしたが、きっと心の中では
どうするんだと。
このペースで保護していたら、いつか我が家は猫家になるぞと。
かわいそうだけで世界は回せないぞと。

そう思っているんだろうな〜〜と無言の圧が伝わってきました( ̄Д ̄;;







1300.JPG

「私の家族を探しています。目ピカー!!」

よろしくお願い致します<(_ _)>ペコリ



2006年10月15日

捨て猫とノラ猫と人間。

今回も長くなってしまいまして(ノ◇≦。)



子猫です。.JPG

「こんにちは、子猫でち。」



昨日の子猫ですが、拾ったのは私ではなく地元の子供達でした。

我が家は目の前が公園なんですが、昨日の夕方そこからとても大きな声で鳴き声が聞こえてきました。
心細かったり不安な時に出す、あの子猫特有の鳴き声です。

見ると、小学生位の女の子達が子猫を1匹自転車の前カゴに入れて囲んでいました。



「ああ・・・」

見たくないものを見てしまったと思いました。
子猫を拾って連れて帰っても、大抵の親はダメというでしょう。
そうしたらあの子猫の末路はどうなるのか。

でも・・・
今までみたいに、また里親を見つけられる自信もない。
マルクス兄弟を拾ったのだってついこの間の事なのに、いくらオットだって許してくれないかも知れない。

そう思い、このままやり過ごそう、あの小学生達で誰か飼えるかも知れないしと、そう思おうとしたんですが、



カワイイ顔してます。.JPG

「実は結構カワイイ顔してまちゅ。」



でももし誰も飼えなかったら?
私も小さい頃捨て猫を拾ったものの母にどうしても許して貰えず、泣きながら元いた場所に戻した事があります(懺悔)

大人になった今、
自分の手の届く命は助けたい、苦しい死に方はさせたくないと思う日々。
結局ぶっちゃんを連れて小学生の所に行ってしまいました。



うとうと・・・・・.JPG

「うとうと・・・」



その子猫どうするの?と聞くと、飼い主を探しますとの事。
見つからなかったらどうするの?と聞くと(←アワヮ〜〜性格悪ぅ〜〜(・ε・)皆黙ってしまったので、
もし一生懸命飼い主を探して、それでもどうしても見つからなかったら私の所に連れてきて、と家を教えました。
飼い主が見つからなかったからといって、また捨てたりは絶対にしないでと言うと、「そんなひどい事はしない」と言ってくれました。




すやすや・・・.JPG

「すやすや・・・」



その後2時間ほど経ち、日も落ちてすっかり暗くなってしまったので、この時間まで来ないって事は飼い主が見つかったって事だろう、良かったぁ〜と思っていると、

「ピンポーン」と( ̄Д ̄;;



ので、心を決めて私が引き取ったのでした〜≧(´▽`)≦アハハハ(泣)




ぶっちゃん乱入。.JPG

「ここはワタクシの場所です。
 どいて頂きたいのです。」

↑ぶっちゃん乱入。




全体的に黒ずんでいたので捨て猫ではなくノラ猫の子供だと思います。
人慣れしていなくて最初シャーシャー言っていたのですが、ノミがいたので洗ってフロントラインをしてご飯をあげる頃には、喉鳴らしっぱなしの過去最強の甘えたがりまくりニャンコ化していました。






とられたの。。。.JPG

「ぶっちゃんの場所取られてしまいました。。。」





今日は昼間、猫を拾った女の子達が見に来ました。


お子達と。.JPG

いじくり倒されてました(・ω・)bグッ
この子達も里親を探してくれるそうです。

4人見に来たのですが、その中の一人の子が
自分の家にもノラ猫が来るので毎日ゴハンを上げている
ジジという名前を付けた
最近お腹が大きくなってきた、赤ちゃんが出来たみたいだ、
と嬉しそうに話してくれました。

子供相手に怒っても仕方ないので、
ゴハンをあげるという事はその猫に対しての責任がうまれるという事、
そのジジちゃんが産む赤ちゃん達は、今ここにいる子猫と同じ、お腹を空かせてカラスに狙われて厳しい環境で生きていかなくてはいけない事
ノラ猫の半分は冬の寒さ・飢えに耐え切れず命を落とす事
第2、第3のこの子猫を作らない為にも、ジジちゃんにゴハンをやり続けるなら不妊手術をして貰うよう、パパママにお願いして欲しいという事

を話しましたが、その子達にとって‘第2、第3’という言い回しがおかしかったみたいでキャハハと笑い出してしまい、あんまりわかってもらえなかった感じでした(_□_;)!!ズ〜〜ン


親にそういう意識が無ければ、問題の根深さに子供が気づかないのは当たり前で、どうしたらいいのかと思います。

また、ここに引越してきてもうすぐ2年ですが、その間に子猫を保護するのは今回で3回目です。
拾うスパンが短すぎです(怒)

これだけ捨て猫がいるって事は、も、もちかちて民度の低い地域に越してきてしまったのか・・・とこれからここで生活していこうと決めた私達は軽く落ち込んでました。

が、今日来た女の子のお父さんが土地を管理する仕事(?)をしているそうなのですが、そのお父さんは夜、ダンボールに入れた子猫を林に投げ置いて、そのまま走り去る車を何台も見た事があるそうです。
私達の住む近くにはまだまだ畑もあり、古くから住んでいる方の大きなお屋敷や林もあります。
捨てるにはもってこいなのね、それで優しいけれどその行為の先を見ない人が、避妊去勢はしないけど餌をあげたりしちゃうから減らないのね、そうなのね。。。


皆そうだと思いますが、私だってできれば子猫を拾いたくなんかないんです。
好きで3度も保護したわけではありません(´・ω・`)

それだって氷山の一角で、焼け石に水です。
元を断たなければ、捨てる人間・無責任な餌やりだけをする人間を無くさなければ、また新しい命が苦しむだけです。

どうしたらいいんだろう。
以前、公園や林に
「猫を捨てると法律で罰せられます」とか、
「猫を可愛く思うなら室内で飼い、不妊去勢を徹底して不幸な命を減らしましょう」
みたいな看板を付けてもらうわけにはいかないのか市役所にお願いした事があるのですが、「犬のフンは飼い主が持ち帰りましょう」的な看板は苦情があれば付けられるが、法律やらモラルを問う物になると警察やその他機関にも云々・・との事で、役所の人もどうしたらいいかわかんないヨ〜っていう感じでした。

問題、解決せず(´・ω・`)しょんぼり




で、当面の問題として我が家には退院したばかりの老猫、ニャオンがいるのですが、彼女もノラ猫出身で縄張り意識が強く、ぶっちゃん以外の犬猫は寄せ付けません。



すかんのじゃ。.JPG

「ワシャ、他の猫は好かんのじゃ。」

ニャオンさん、かなり怒ってます。
ただでさえ病み上がりで体が思うように動かない所に知らない猫が来ては気が休まらないはずです。
ゴハンも食べず、トイレもしなくなってしまいました。




ので、介護の必要なニャオンは引き続き私が見るとして、子猫たんは実家に預かって貰う事にしました。

そしてさっき連れに来てくれました↓


ツマ母と。.JPG

母と。
すぐに懐いて寝てます。(ていうか母の服がワンダーフォーゲル部みたいでそれにビックリ)




ベッド奪取。.JPG

↑ぶっちゃんのベッドがお気に入りで、そこに入って良いコにしていられるので一緒に貸し出しする事にしました。



我慢します。.JPG

「あれはぶっちゃんのですがしばらく我慢します。」


と、いう訳で里親探し開始ですo(´^`)o
皆さん、
完全室内飼いで不妊去勢ワクチン、住居&人生の都合で飼育を途中放棄しないと約束してくださる方(どうしても飼えなくなったら私の所に戻してくれる方)
なぁ〜〜んていう方、お知り合いにいないですかネ!?ъ( ゜ー^)イェー♪

いらしたら是非ツマに教えて下さいGood







あのこわっぱ、.JPG

「あのこわっぱ、出て行きおったか。。。」

ハイ。ていうか実はあなたのお家で預かってもらうんです。
あなたはしばらく介護が大変なんで私の所でバカンスです。



見つけてあげなさい。.JPG

「良い家族を、見つけてあげなさいじゃ。。。」

はい。











2006年10月14日

またまたまた拾いました(ゲッソリ)

今日はごく普通の平和〜〜な日だったんですε=ε=ε= 。・゜(゜ノT-T)ノ



でん。.JPG

「でん。」





寝たりして。.JPG

「寝たりして。」







でーん。.JPG

「で〜ん。」








で〜〜ん。.JPG

「でで〜〜ん。」






ワシもまぜるんじゃ。.JPG

「ワシも混ぜるのじゃ。」






お〜よしよし.JPG

「お〜ヨシヨシ。」



なんてやりながら遊んでたわけです((´д`)) ぶるぶる・・・





あのね、そしたらね、







んん?.JPG


ん?







気のせいかな?.JPG

「気のせいでしょうか?」


ん〜〜・・・






ええ?.JPG


「ええ??」






猫いるじゃん。.JPG

「猫いるじゃん。」
 
 ↑驚きのあまり、思わずタメ口になってしまったブッダさん。





何で?.JPG


「何で?」




本と何でって感じなんですが、何なのってまたかよって思ってる私ですがとりあえず子猫、また拾ってしまいました(゜-゜)
いや、拾ったって言うかちょっと違うんですが、それはまた明日、キチンと書きます。

今は、あと20分位で帰ってくるオットに猛烈な勢いで言い訳をしなくていけないので時間がありません。
絶対怒られる。。。
ため息つかれるかも(_TдT) ←ため息キライ。




↓ニャオンが怒りまくりです。
体動かしちゃいけないのに猫パンチしようとします((´д`))


緊迫する2人。.JPG

緊迫する2人。。。





あのおばあさん。。。.JPG

「おのおばあちゃま・・・」





こわいナリ。.JPG

「こわいでち・・・」





と、シャーシャーフーフーやっているそこへ、場の空気を全く読まない(読めない)男がおもちゃを振り回しながら乱入↓


天然男乱入。.JPG

「よっしゃぁあぁあぁあぁ!」






おもちゃ楽しっっ!!.JPG

「おもちゃ楽しっっ!!」


あぁもうオットが帰ってくる(ぶるぶるぶるぶrぶrbr・・・)