2009年04月12日

前へ前へ、桜もマイウェッッ(my way)

すっかり春ですね゚.+:。(・ω・)b゚.+:。


桜ニャ1.JPG




すっかり春ですね+.゚(*´∀`)b゚+.゚





桜ニャ2.JPG

「ワタクシに雪積もってるじゃないですか、
 いつの写真ですかコレ。」





  (´v`)






桜ニャ3.JPG

「ブログ放置もいいところじゃないですか、
誤魔化してないで言い訳位したらどうですか。
あとおもちゃ投げて下さい。」



  (´v`)



い、






い、






言い訳などしない(`ω′)ムン!!







桜ニャ4.JPG

「・・・・・・・・・。」



桜ニャ5.JPG

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」







先月の14日、
ニャオンが亡くなって1年がたちました。


桜ニャ6.JPG

もうそんなに経つのか、
まだそれしか経っていないのか、




桜ニャ7.JPG

今年も桜が咲きました。



桜ニャ8.JPG

去年の桜は、
その美しさが逆に悲しくて苦しくて、
見上げてはニャオンを思い、泣いてばかりいました。

今年の桜は、素直に綺麗だなぁと思えます(´ω`)




桜ニャ9.JPG

桜のシーズンは、
引越しや新生活などで、多くの犬猫が保健所へ持ち込まれるシーズンでもあります。

保健所の殺処分は、二酸化炭素での苦しい窒息死処分です。
吸っても吸っても呼吸ができず息絶えるという事が、
どんなに絶望的で残酷なものか。

家族として迎え入れた命を、殺されると分かっていながら
どうして保健所に連れて行けるのか、非常に理解し難いものがあります。


四方手を尽くして、それでも本当に、
どうしてもどうしても飼い続けられないのなら、
病院で安楽死させるべきです。
その命の重みを、責任を、自分の腕の中で感じるべきだと思うのです。


誰もが桜を美しいと思うように、
他者を思うことのできる大人でありたいと思います。

保健所の職員の方達が無念の思いに駆られながら、
自分達にすがってくる罪の無い動物達を、
それでも殺処分するしかない社会が正しいわけが無い。
桜が明るく綺麗であるほど、
同じように繰り返される闇も、私達は見つめ、変えていかなくてはならないのだと
改めて教えられているような気がします。

弱い命が苦しめられる世の中ではなくなりますように。



桜ニャ10.JPG


私にできることを、少しずつでも続けていきたいと思います。




ニックネーム ツマ at 00:34| 大事な命の為に(>_<) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする