2008年03月16日

ニャオン、虹の橋へ。

ご報告が遅くなりまして申し訳ありません。

我が家の愛猫、ニャオンですが、
3月14日午前2時45分 老衰にて永眠いたしました。

3月9日、突然何も食べなくなり、
肛門が緩んでしまったのか便がずっと漏れている状態になり、
半寝たきりになりました。
先代犬は亡くなる1週間前から容態が悪くなりましたが、
その時と全く同じでした。

つい先日、オットと姉と「ニャオンはまだ2,3年は大丈夫だと思う」という話をしたばかりで、
あまりに急な状況に心がついていけませんでした。

かなり動揺しましたがオットと相談し、
無理な延命はせず、入院もさせず、
最期の時まで家族と一緒に過ごす事にしました。
もうゴハンも食べたがりませんでしたので、
ブドウ糖の点滴で2、3日・もしくは1週間ほど命を延ばしても、
食事もとれない半寝たきりの時間を延ばすだけになりますので、
それは可哀想で出来ませんでした。

いいこ1.JPG

いいこ2.JPG

いいこ3.JPG

いいこ4.JPG

いいこ5.JPG

いいこ6.JPG

いいこ7.JPG

いいこ8.JPG

いいこ9.JPG

↑倒れてから亡くなる前日までのニャオン。



ニャオンの最後のゴハンは、マグロのお刺身2口分でした。

先代犬は最後の2日間は完全に寝たきりで起き上がることも出来ませんでしたが、
ニャオンは亡くなる直前まで自分で起き上がって寝位置を変えたり、
自分でお水を飲んでいました。
私が頭や顎を撫でてやると、ずーっとゴロゴロ喉を鳴らしていました。
亡くなる30分前まで、喉を鳴らしていました。

いいこ10.JPG

いいこ11.JPG

↑亡くなる当日のニャオン。
青いタオルで枕をしている方は、
亡くなる2時間半ほど前のもの。



最後の30分、
ヨロヨロとトイレまで歩いていったかと思うとゲーっと吐き、
そのまま倒れこむように横になりました。
呼吸が早くなり、息が思うように吸えず苦しいのか顎を上下させながら息をしていました。
その30分、目は開いていましたが動かず(今までは呼びかけると立ち上がれなくても眼球を動かして私を確認していました)
呼びかけにも反応せず、既に意識が無かったようだったのが私達側のせめてもの救いでした。

私は苦しそうに呼吸するニャオンが可哀想で辛そうで、
もういいから、神様お願いですから、
ニャオンを苦しませないで下さい、早く眠らせてあげて下さいとお願いし続けていました。
オットも、「もういいよ、ねんねしなさい」とニャオンに呼びかけていました。

そして2時45分、
頭を揺らしたかと思うと両前足をググっと縮め、息を引き取りました。

ニャオンは足が悪かったので事故の無い様、
寝る時は1階のサークルで寝ていましたが、
その夜は、オットと私とぶっちゃんとニャオンの全員で、
2階の寝室で休みました。

いいこ12.JPG

いいこ13.JPG

いいこ14.JPG

↑最後のひなたぼっこ。
ひなたぼっこするのが大好きでした。
しばらくして撫でてみたら、お日様でニャオンがあったくなっていて生きているようで、
なんとも苦しかったです。







そして昨日の3月15日、荼毘に付しました。

両親、姉夫婦、私達と全員が揃う事が出来、
皆にお骨上げして貰えて、
ニャオンもゴロゴロ喉を鳴らしてくれた事と思います。

姉がニャオンを保護して16年。
その時点で成猫でしたので、実際ニャオンは何歳だったのか。
よく頑張ったと思います。

ニャオンを実家から我が家に引き取った時、
ニャオンの残された時間が穏やかな物であるように
後悔しないようにと過ごしてきましたが、
あれもしてやればよかった、これもしてやればよかったと1人になると色々考えてしまいます。
頭のいい子で思慮深く、ワガママを言う事も無かった分、
私はそこに甘えた部分がなかったのか。
もっと撫でてやれば良かった。
おいしい物も沢山たべさせてやれば良かった。
(お腹の調子が悪く、最近はドライフード中心だったのです。
こんなに早いと分かっていれば、
もっと違うものを食べさせればよかった。
言っても仕方の無い事ですが・・・)

でも、こうやってクヨクヨしていてもニャオンは喜ばないだろうし、
安心して旅立てないと思うので私も前に進まなくては、
とクヨクヨしては思い直し、の繰り返しです。。
最後の時まで、付きっ切りでずっとそばにいましたし、
ニャオンもずーっとゴロゴロ言ってくれていました。
よかったのだと思います。

いいこ15.JPG

いいこ16.JPG

いいこ17.JPG

いいこ18.JPG

いいこ19.JPG

いいこ20.JPG





最後に、


ブログお友達の皆様、
いつもニャオンの事を気にかけ、心配してくださったのに、
ご報告が遅くなり、大変申し訳ありませんでした。
そして、どうもありがとうございます。


私の両親、
ニャオンの最後を私に任せてしまい申し訳ないという気持ちがあるようですが、
元々ニャオンの老後は私が看るつもりでしたし、
時間のある私が世話をするのが1番自然だったと思います。
どうか気にしないで。


私の姉、
ニャオンが入院した時も忙しい中病院まで駆けつけ、
お見舞いにも熱心に通ってくれました。
そして、ニャオンの事を気にかけいつも私をサポートし、
支えてくれました。
本当に感謝しています。ありがとう。


お義兄さん、
仕事が忙しい中、大事なお休みをニャオンのために使って下さり、
姉と共にお骨上げまでして下さって、ニャオンも喜んでいると思います。
本当にありがとうございます。


オット、
ニャオンをこころよく家族として迎え入れ、
可愛がってくれて有り難かったです。
出張帰りで疲れていたのに、
ニャオンを一緒に看取ってくれてありがとう。
様々な面から支えてくれた事、本当に感謝しています。



いいこ21.JPG

いいこ22.JPG

いいこ23.JPG

いいこ24.JPG

いいこ25.JPG

いいこ26.JPG

いいこ27.JPG

いいこ28.JPG

いいこ29.JPG

いいこ30.JPG

いいこ31.JPG

いいこ32.JPG

いいこ33.JPG

いいこ33.JPG

いいこ35.JPG

いいこ36.JPG

いいこ37.JPG

いいこ39.JPG

いいこ40.JPG



ニャオンいい子ね。
今までどうもありがとう。
愛してるよ。








追伸:前回ブログにコメント下さった皆様、
返信少々遅れてしまいます。
本当に申し訳ありません。
もう少々お待ち下さい。

ニックネーム ツマ at 21:42| Comment(12) | TrackBack(0) | ニャオンの日常。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

それでもきみを撮る。

カメ1.JPG

↑皆さんまとめて日向ぼっこ中。


ニャオンの事もブログにアップしようと
スキあらばカメラに収めようと狙っているんですが、
ニャオンさん、なかなか撮らせてくれません( ̄Д ̄;;



カメ2.JPG

↑こういう写真を撮りたいだけなんですが、




カメ3.JPG

あぁ〜、近い近い!


私と目が合うとナデナデしてもらおうと
スタスタ寄ってきてしまうニャオンさん。



カメ4.JPG

あぁ〜〜、またダメかー!




で、私も意地になってニャオンを何度かベッドに戻していると、
頭のいいニャオンさん、悟ったのか↓


カメ5.JPG

ものごっついイヤそうな顔しながらも、
協力してくれました≧(´▽`)≦アハハハ
(最初の写真もこの時のもの)




でもニャオンも、
ナデてもらうのが日向ぼっこと同じ位好きなので↓



カメ6.JPG

前足に力入ってます入ってます(・ω・)b






下オマケ。そして爬虫類ダメな方は見ないで下さい((´д`))


先日おねえたま(ツマ姉)の所に遊びに行った時、
本を色々借りてきたんですが(キャホーウ)


その中の、このシリーズ↓


カメ10.JPG

街並みや市場や、素敵な写真が沢山載っている本で、
ローマもパリも行った事ないですがワクワク楽しく読んでいたら、


読んでいたらですよ、、、、





カメ11.JPG

↑この写真が目にとまったです((´д`))





カメ12.JPG

ブロッコリーらしいんですが、
な、なんか日本のと雰囲気違う(´□` ) ハゥ


何度見ても、カメレオンの目の集合体にしか見えない。
どうやっても、カメレオンの目の集合体にしか見えない。



↓カメレオン怖い方は見てはいけません。





カメ14.jpg



 !!!



((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ





カメ13.JPG



!!







コワス!!



テラコワス!!

(しょこたん語なんて使いたがってスミマセンスミマセン。
この気持ちを表すのにピッタリだったもんで(;´Д`A


久々に背中がゾワゾワしました。

私は爬虫類オッケー人間なので、ヘビもカエルも触れるんですが、
カメレオンの目集合体風のブロッコリーは無理だぁああああ。

カメレオンは指がふたまたになっていてカワイイし、
ブロッコリーもおいしいですが、
ブロッコリーがカメレオン似であるというのはかくも恐ろしい。


私だけ??
これって普通のブロッコリーですか?

ゾワゾワ〜〜〜(>_<)

ニックネーム ツマ at 22:49| Comment(10) | TrackBack(0) | ニャオンの日常。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする